fc2ブログ

本田圭佑の命式を推時し、中田英寿の命式と比較検証する 子平・四柱推命・紫薇斗数

三笘薫と冨安健洋に期待、“年功序列”の質問にも回答

さらに「一般の会社のように、サッカーのチーム内でも年功序列がある?」という質問に対して、「サッカーに年功序列はない。ないですね」と断言していた。

------------------------------------------------------------------------------------

以前の記事(2010.10.10 Sunday)

中田英寿の命式 子平・四柱推命 スポーツ選手の見方 

同様に、

 本田圭祐氏についても推命したかったのですが、出生時刻に関する情報が無く、なかなか実行できなかったのですが、本田氏のご両親は幼時に離婚されており、本田氏は、父親に引き取られて育ったとのことで、情報が無いのはそのせいかも知れません。

先日は、小室圭氏の推時を行い、個人的にはうまく行った気がするので、

推時法による 小室圭氏の命式 と合婚法 子平命理・四柱推命・紫微斗数・如来蔵

今回は、本田圭佑氏の出生時刻を推時してみたいと思います。

1986年6月13日 (年齢 35歳) 大阪府摂津市出生
ということで、次のようなトーナメント表を作成します。
 

上のように、トーナメントを実行してゆくと、最後に、丑時と亥時が残り、どちらも、紫薇命宮が天梁で区別がつきませんが、丑時の紫薇命宮には、文曲が含まれており、本田氏には、あまりエレガントな雰囲気は認められないのと、子平八字で考えると、どちらも天干は同じで、従旺格に当たりますが、亥のほうがより良い命式になることから、亥時が出生時刻と推時しました。

すると、子平命理は次のように立命できます。

 

 

 化火干合で、火行の従旺格に、甲の印があり、通常は印が比劫を生ずるものですが、この命式では逆に、用神の日干丙が、体神の月干甲を培養するようになっています。つまり、この人の本分は、人を育てることにあると、考えることができます。

 ただし、人を育てるなら、自分より年下とか、目下に対するほうが、特に日本のような「年功序列型」の社会では都合が良いのですが、本田氏の場合は、日干丙が月干甲を育てる形になっており、つまり目上に対しても、教育や指導をしようとするのですから、世界ではともかく、日本での風当たりは強くなるのも無理もありません。

 さらに、紫薇の命宮は天梁ですから、指導・統率者の星であり、如来蔵では、普賢菩薩に当たります。 

掌瑛V.20
        昭和61年 6月13日22時  分生 男命   氏名:本田圭祐
                  旧暦 5月 7日   《 地大 》    節月 芒種-夏至
        胎宮 巨蟹宮      【  守護仏 普賢菩薩  】      釈迦垣 人馬宮

 ○性情:普賢菩薩は統率と指導をつかさどり、人々を教え導きます。

 ○光明:統率力を全面に出し、あらゆる物事に指導力をもって対処するようにすると
        人々に魅力を感じさせます。

 ○相性:文殊菩薩と普賢菩薩は釈迦如来の脇士であり、釈迦如来を守護仏とする人との
        相性は非常に良いものです。
        阿弥陀如来を守護仏とする人とは相性が悪く交際には努力が必要になります。

 ○守護色:茶。衣服など、いつも茶色の物を身につけると、魅力が増進されます。
          紫も良い。ただし、紅色のものは避けるようにします。
     宝石:猫眼石(キャッツアイ) 虎眼石(タイガーズアイ)

   ○座騎:象。頑丈で安全な乗り物。
 自家用車:ランドローバー、レンジローバー、ベンテイガ、ベンツM・G、BMW・X、ジープ
 エクスプローラー、ランドクルーザー、ハイラックス、ローグ、CRV、CX8など
    

 やはり、本田圭佑は、指導者になるべき人物であり、現役プレーヤーを続けながら、カンボジア代表監督を勤めたり、自分のチームを作ったり、サッカー教室を開くなど、指導者としての役割を開発し続けています。

ここで、

中田英寿の命式 子平・四柱推命 スポーツ選手の見方 

で、説明した、スポーツ選手の見方について振り返って見ましょう。 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

中田英寿氏も、29歳にして選手は引退しましたが、世界で最も有名な日本人の一人として、世界の舞台で大いに活躍しています。
収入も、選手時代に負けないくらいあるのではないかと考えられます。

プロスポーツ選手が現役で活躍できる期間は短いもので、多くの競技で、実力を発揮し始めるのは20歳以上、20代後半にはピークを迎え、30代に入ると衰えが見られ、たいていは40歳を待たずに引退してしまいます。
10代から40代まで、休み無く第一線で活躍する人など滅多にいません。
ゴルフだったら、60歳を過ぎてもまだ第一線で活躍する人もいますが、走ったり跳んだりするようなスポーツではありませんから、例外と言うべきです。


よく、運命学を正しく理解していない人が、○○選手は、喜神運のはずなのに引退してしまった、とか、忌神運なのに活躍して、おかしい、などと言うことがあり、終には、だからその運命学が間違っているなどと言い出します。

ところが、先に述べたように、スポーツ選手が活躍できる年令は限られており、しかも活躍に必要な要素は、判断力などメンタルなものもありますが、多くはフィジカルに負うところが大きいものです。
子平の命式にも、心理ばかりではなく、生理に関わるものも表現はされますが、生理現象の多くは「遺伝」に拠るもので、次に生活習慣などの「経験」であり、命式つまり「生辰」の影響はそれほど大きなものではありません。

人間の運命全体について言えば、
「経験」が40%、「生辰」が30%、「遺伝」が20%、「幻影」が10%、という配分がありますが、

これを「生理」のみに限定すると、
「遺伝」が40%、「経験」が30%、「生辰」が20%、「幻影」が10%、といった配分になるものと考えられます。

つまり、「命式」がフィジカルを規定する割合は、せいぜい20%であり、スポーツ選手の選手寿命など、「命式」から判断することは到底できません。

中田英寿氏の命式を看ると、

 

 従旺格に吐秀の食傷を持ち、表現力が豊かで、食神は財を生ずるものですから、表現力が財運につながるようになります。

 中田英寿氏の如来蔵を見ますと、これもやはり、普賢菩薩(=天梁)です。

 

        昭和52年 1月22日11時40分生 男命   氏名:中田英寿
                  旧暦 12月 4日   《 地大 》    節月 小寒-大寒
        胎宮 巨蟹宮      【  守護仏 普賢菩薩  】      釈迦垣 人馬宮
 

○性情:普賢菩薩は統率と指導をつかさどり、人々を教え導きます。

○光明:統率力を全面に出し、あらゆる物事に指導力をもって対処するようにすると
        人々に魅力を感じさせます。

○相性:文殊菩薩と普賢菩薩は釈迦如来の脇士であり、釈迦如来を守護仏とする人との
        相性は非常に良いものです。
        阿弥陀如来を守護仏とする人とは相性が悪く交際には努力が必要になります。
 

○守護色:茶。衣服など、いつも茶色の物を身につけると、魅力が増進されます。
          紫も良い。ただし、紅色のものは避けるようにします。
     宝石:猫眼石(キャッツアイ) 虎眼石(タイガーズアイ)
 

○座騎:象。頑丈で安全な乗り物。
 自家用車:ランドローバー、レンジローバー、ベンテイガ、ベンツM・G、BMW・X、ジープ
 エクスプローラー、ランドクルーザー、ハイラックス、ローグ、CRV、CX8など

 

 中田氏も指導者になるべきかと思いますが、国際サッカー評議会諮問委員、観光庁アドバイザリー・ボード、などの仕事はされているようです。

 

 

======================================

 

 


『子平命理・基礎篇』  
       ¥15,750(税込)

干支と五行の知識、立命の方法、干関係の見方、強弱の見方、変通の見方、格局の見方、喜忌の見方、体用の見方などを解説します。

 本書を熟読・暗記すれば、子平の基礎は完璧であり、より高度な理論にも対応できるようになります。

 

 

 くるみ綴じ製本

子平命理・象意篇・増補改訂版』
 
                ¥31,500(税込)
子平象意の基本構造、変通による象意、十二長生の象意、王文澤十六通変による象意、無作用干合の象意、六親の象意、成敗の象意、十二宮の象意、造命の象意などを解説します。
『子平命理象意篇』を、加筆改訂し、更に、『子平修密無学訣』の「導論」部分を付け加えたものです。

 

 

※くるみ綴じ製本

     『子平大全』
 
      ¥21,000(税込)

 命式の昇降レベルを知るためには、体用と喜忌が必要であり、喜忌を知るためには、強弱と格局を知る必要があります。本書では、誰でも子平の行運が理解できるように解説します。
 また、本書では、子平と皇極経世を組み合わせた「局式」による「測局」や、「群式」による国家や企業の推命を行う方法、通常の命理のように、個人の事が分るだけではなく、人類文明全体や国家のような、「天」に属する事柄まで分る方法を説明します。
 さらに「子平方位」「子平風水」への応用法を説明し、子平の「命卜相」が完成に至ります。

 

 
 
掛川掌瑛編著
子平修密無学訣大全
(上・中・下巻セット)
 
 
 
改訂新版 ¥76,000(税込)

旧版をお持ちの方は、
差額¥13,000(税込)にて
交換致しますのでお申し込みください。

 


(「改訂新版序言」より)
  『子平無学訣大全』を発表してから二年近くになり、少しずつ間違いや不足を見つけては加筆・修正してきたのですが、中でも日時の変化干合が反映されていない箇所が数多くあることが判明し、今回『子平修密無学訣・全解』の完成に合わせ、題名も『子平修密無学訣大全』と改め、「改訂新版」を発売すること致しました。
 何分にも『無学訣大全』の命式数は一万通りに上り、文字数は百万字に達するもので、これを一人で執筆・校正までするのは容易な事ではありません。
 今回、二百箇所程の加筆・訂正を行いましたが、発見できたのも熱心な読者からのお問い合わせがヒントになったもので、読者の皆様におかれましては、お気づきの点がありましたら、ご遠慮なくご指摘いただき、今後さらに完成度を上げて行きたいと考える次第です。  何卒ご愛読、ご利用の程よろしくお願い申し上げます。

(序言より抜粋)
「無学」とは、仏教用語で、学び尽くしてこれ以上学ぶべきことがない境地を意味します。つまり「子平無学訣」を学べば、もうこれ以上「子平」を学ぶ必要がありません。
「子平」のような学問を「命理」と言います。
「命理」とは、時間が運命に与える影響を見る学術であり、「子平」が他の「命理」に優れるのは、時間記号である「干支」によって、あらゆる判断ができるところにあります。その「干支」の並びだけに焦点を絞ったのが「子平無学訣」なのです。
本書『子平無学訣大全』は明澄派五術の秘伝書『子平修密無学訣』の〈解説書〉です。四干の組み合わせは、十の四乗、つまり一万通りあり、本書ではそのすべての組み合わせについて、ひとつひとつ解説します。

(本文より抜粋)
つまり『無学訣』においては、「五行」や「干関係」などを超越して、「干支」の組み合わせだけで、命式を判断できるパターンが存在する、ということになります。
「時間」につけた「記号」である「干支」の並びだけで判断できる、ということは、「時間」と「運命」との関係を直接観察することにより近づくものであり、「作盤」のような、根拠不明の方法からは、より遠ざかることを意味します。
 「作盤」や「五行」を排除する、などと言うと、まるで伝統に反逆するかのようですが、実は「五術」においても、「五行」や「易卦」などに基づかない分野も、昔から存在するのです。
 例えば「風水」において、「理気」は確かに「五行」や「易卦」の理論に基づいて構成されているのですが、「巒頭」だけは、「竜」「穴」「砂」「水」とい う、地形そのものを類型化し、分類して、その土地の「貴賤」「吉凶」「壽夭」「富貴」を判断できるようにしたものです。
「巒頭」の理論でも「干支」や「易卦」などが使われていますが、これはただ、形態分類上の記号として使われているだけで、地形そのものが「五行」の作用を持っているというわけではありません。
 これに対し「理気」はどうかと言えば、家や墓石が、どの八卦方位を向いているとか、水流がどの十二支方位から来ているか、などという、ある種の約束事に基づいて判断を行うもので、地形そのものを見る「巒頭」の見方とは全く異なるものです。
 この「巒頭」と「理気」の関係を「子平」に当てはめてみると、「干支」の並びをそのままで判断できる「無学訣」の方法が、「巒頭」の見方と同様であり、 「干支」を「五行」で分類して、その「強弱」で判断する方法が、「理気」の見方と同様、と考えることができます。そして、風水の判断において、「巒頭」の 占める割合は80%と言いますから、「子平」においても、「干支」の並びだけで、80%の判断ができる可能性があるはずです。

「無学訣」でも「強弱」や「格局」を考慮する場合がありますが、それは四干が、ある特殊な並びになる場合の対処法として説明されており、やはり、「風水」 の「巒頭」のように、「子平」の判断も、80%は「干支」の並びだけで決まっている、と考えることができます。 『無学訣』を完全に理解できれば、あらゆる命式を、誰もが、あるがまま的確に判断できるようになり、これ以上「子平」を学ぶ必要のない「悟り」の境地に達することができるのですが、修得には長い持間を要し、なかなか生きているうちに「子平」を使うことができません。
 本書が書かれた目的は、「無学訣」の示す「干支」の並びによる推命、即ち、時間が運命に与える影響を、時間記号である「干支」の並び方そのものから、誰 でも読み取ることができるようにするためであり、「子平」における「無学」の境地を全人類と分かち合うためのロードマップとして、一万通りに上る四干すべ ての組み合わせについて解説します。

 

掛川掌瑛 著作目録 密教姓名学・三式風水大全

 

張明澄師 南華密教講座 DVD 有空識密 智慧と覚悟

張明澄講義《員林学》講座 DVD 儒 道 易 禅 経世済民

張明澄講義<命卜相>DVD 明澄五術・張明澄記念館

張明澄 占術特別秘伝講座 DVD 風水無学訣 宿曜・太乙・工門

 

  お申し込み先  日 本 員 林 学 会  代表 掛川掌瑛(東海金)

          ☎Fax 0267-22-0001

         E-MAIL    showayweb◎msn.com 

 


スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する