FC2ブログ

来年の桜を見る会は中止! 本当?歴代改元内閣は半年内に総辞職? 安倍晋三首相の命式を再考する その4

25401.jpg

桜を見る会、来年は中止 「首相私物化」批判の回避狙う

 政府は13日、公費により首相が主催する2020年の「桜を見る会」を中止すると発表した。菅義偉官房長官が午後の記者会見で「招待基準の明確化やプロセスの透明化を検討し、予算や招待人数を含めて全般的に見直す」と明らかにした。招待者数や予算額を縮小する方向だ。安倍晋三首相の地元支援者が多数参加したと指摘される中、異例の判断に追い込まれた。「私物化」との批判回避が狙い。野党は第2次安倍政権以降、開催規模が膨張した経緯などを引き続き追及する。

 桜を見る会を巡り、首相の事務所名が記載され、地元・山口県の後援会関係者に届いた案内文の内容も判明した。

(共同)

 


今年4月13日の「桜を見る会」で、招待客と記念写真に納まる安倍首相(中央)ら=東京・新宿御苑
 

「首相私物化」批判の回避狙う

と言いますが、普通、誰が考えても「疑惑」を認めたということになるのではないでしょうか。

来年4月に、まだ首相でいられるかどうか分からない、という官邸の自信喪失が見て取れます。

今年5月1日の「令和改元」から197日が過ぎており「半年以内に内閣総辞職」とはなりませんでしたが、「年内」や「1年以内」なら十分に可能性が出てきました。

これで、「四選」の可能性は全く無くなり、年運グラフ通りに、遅くとも、来年中の辞任は間違いなさそうです。


----------------------------------------------------------------------------------

*以前の記事

 

歴代改元内閣は半年内に総辞職? 安倍晋三首相の命式を再考する その3


植草一秀の『知られざる真実』

によりますと、

辞任ドミノ始動で安倍内閣の年内総辞職濃厚にとのことです。

これとは別の話で、下記のような事実があるそうです。

改元後の内閣は半年ももたない!?(土居丈朗) - 個人 - Yahoo!ニュース

 

大正の改元は1912年7月30日。改元時の政権は西園寺公望首相、大正元年12月21日に辞任した。改元から144日だった。

昭和の1926年12月25日。改元時の政権は若槻礼次郎首相、昭和2年4月20日に辞任した。改元から116日だった。

 平成の改元は、1989年1月8日。その改元時の政権は竹下首相で、平成元年6月3日に辞任、改元から146日だった。


 

日本を独立に導く? 安倍晋三首相の命式を再考する 

日本を独立に導く?安倍晋三首相の命式を再考する その2



「安倍晋三首相が日本を独立に導く」という飯山一郎氏の予言について、安倍氏の命式を鑑定したところ、首相の座を維持するだけで、日本をアメリカの植民地から独立させたり、国際的な地位を向上させるほどの力は無い、というのが日本員林学会の結論です。

大運は58歳からの己運と次の卯運にかけて喜神運であり、2018年までは順調に推移し、昇降レベルもプラス1点を保っており、ここまでは、首相の座も安泰かと見えます。

しかし、66歳からの庚運は忌神運であり、トラブルに見舞われるようになります。2019年は喜神の年運ですが安泰とは言えず、2020年は忌神の年運で、この年に首相を辞めそうですが、何とか2021年の任期まで勤める可能性もあります。後で考えたら、2018年の任期切れを以て、自民党総裁選を辞退すれば良かったと思うでしょうが、そうはできない事情があるようです。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

改元から半年以内と言うと、安倍内閣の命は10月まで、ということになります。

植草氏の予想は年内と言いますから、やはりほぼ半年以内かも知れません。

年運グラフは、2020年に危機が来ることを示しており、2019年では早すぎますが、

既述のように、大運は既に忌神運に入っており、何があってもおかしくありません。

 

 



『子平命理・基礎篇』 
       ¥15,750(税込)

干支と五行の知識、立命の方法、干関係の見方、強弱の見方、変通の見方、格局の見方、喜忌の見方、体用の見方などを解説します。

 本書を熟読・暗記すれば、子平の基礎は完璧であり、より高度な理論にも対応できるようになります。

 

 

 くるみ綴じ製本


子平命理・象意篇・増補改訂版』
 
                ¥31,500(税込)
子平象意の基本構造、変通による象意、十二長生の象意、王文澤十六通変による象意、無作用干合の象意、六親の象意、成敗の象意、十二宮の象意、造命の象意などを解説します。
『子平命理象意篇』を、加筆改訂し、更に、『子平修密無学訣』の「導論」部分を付け加えたものです。


 

※くるみ綴じ製本


     『子平大全』
 
      ¥21,000(税込)

 命式の昇降レベルを知るためには、体用と喜忌が必要であり、喜忌を知るためには、強弱と格局を知る必要があります。本書では、誰でも子平の行運が理解できるように解説します。
 また、本書では、子平と皇極経世を組み合わせた「局式」による「測局」や、「群式」による国家や企業の推命を行う方法、通常の命理のように、個人の事が分るだけではなく、人類文明全体や国家のような、「天」に属する事柄まで分る方法を説明します。
 さらに「子平方位」「子平風水」への応用法を説明し、子平の「命卜相」が完成に至ります。



掛川掌瑛 著作目録 密教姓名学・三式風水大全

張明澄師 南華密教講座 DVD 有空識密 智慧と覚悟

張明澄講義《員林学》講座 DVD 儒 道 易 禅 経世済民

張明澄講義<命卜相>DVD 明澄五術・張明澄記念館

張明澄 占術特別秘伝講座 DVD 風水無学訣 宿曜・太乙・工門


お申し込み先  日 本 員 林 学 会  代表 掛川掌瑛(東海金)

        ☎Fax 0267-22-0001

〒384-0801 長野県小諸市甲4655-15 中国占術研究所

       E-MAIL    showayweb◎msn.com


スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する