Post image

11月1日 今日は、張明澄先生の命日、 十五回忌にあたります。

11月1日今日は、張明澄先生の命日、十五回忌にあたります。もう、14年になるのですね。 フェイ・ウォン 王菲/テレサテン 邓丽君《但愿人长久・明月几时有》   今年も一日、これを聞いて過ごします。    但願人長久(水調歌頭)    詩: 蘇軾  訳:掛川掌瑛明月幾時有    美しい月あなたはいつからそこにいるの?把酒問靑天    酒盃を持って青い天に尋ねます不知天上宮闕   天上の宮...

Post image

安倍晋三首相が日本を独立に導く と 予言した飯山一郎氏を追悼し子平命理を看る

『日本独立回復』は,日本民族の悲願! http://cocologsatoko.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-3371.html 当時この発言をされた、飯山一郎氏 は、2018年7月20日未明に永眠されました。四十九日目にあたり、飯山一郎氏のご冥福をお祈りするとともに、氏の功績と命運について、観察したいと思います。 「安倍晋三首相が日本を独立に導く」という飯山一郎氏の予言について、安倍氏の命式を鑑定したところ、首相の座...

Post image

色は物質ではない・雑阿含経「牧牛経」色=他人の牛と自分の牛を区別する 

 牧牛図 印度學仏教學研究 日本印度学仏教学会 発行 よりhttps://www.jstage.jst.go.jp/article/ibk/59/2/59_KJ00007183114/_pdf   この文章の主旨は、題名の通り「色」は「物質」とか「物質的現象」とか訳されているのは間違い、というもので、これは当ブログの「『般若心経は間違い』の間違い」などの記事で主張してきた内容と符合するものです。   この記事のなかで「牧牛経」について書か...

Post image

『般若心経は間違い?』の間違い(1)空即是色を悟る ~(9)龍樹・一切皆空のパラドクス~ (15) 苦=空=自己疎外 ~ 漢訳とサンスクリットの違い

 近頃、10年余りも前に出たスマサーラ長老の本を真似して、「般若心経は間違い」という主張をしている論者がいるそうです。 それに対して何の反論もできない日本仏教は情けないものですが、自分たちも「般若心経」を理解していなかった、つまり「空」を理解していなかったのですから、仕方がありません。 以下の記事を読めば、スマナサーラ長老の主張の間違いや正しいところも理解でき、『般若心経』の正しい理解、つまりは「...

Post image

中田英寿の命式 子平・四柱推命 スポーツ選手の見方

2010.10.10 Sundayプロスポーツ選手の命式を見て、行運が良いから、悪いから、どうのこうのなどと言う鑑定家がいますが、スポーツ選手が活躍できる年齢は、教義種目によってほとんど決まっており、行運の吉凶は必ずしも当てはまりません。古い記事が出てきたのでここに掲載します。2010.10.10 Sundayサッカー・アルゼンチン戦の勝利とザッケローニ×中田英寿の対談 もう、一昨日の話になってしまいましたが、現在世界のサッカー界...

Post image

天皇陛下の命式・行運と御譲位 三寒三友の貴命・子平無学訣・四柱推命

掌瑛運命学ソフトによる出力 天皇陛下の大運は来年まで丙辰にあり、命式にとって最も必要な丙の解凍を得て、この数年間、大いに存在感を発揮されました。 丙は財にあたりますから、喜財の運には財運が開けるものですが、子平の「財」とは他者に干渉する力であり、統率力も含まれます。 命式の帰着点である「四神」を見ますと、プラス3点、となっており、通常なら大いに身分地位を向上させる命と言えますが、天皇陛下の場合は、...

Post image

日本を独立に導く?安倍晋三首相の命式を再考する 1~2 子平・四柱推命=子平大運・年運グラフ・明澄五術ソフト  

安倍晋三首相が、東大卒=対米従属派の期待を裏切り、日本を独立に導くことになるそうです。滅亡中の日本にとってどんでん返しはあるのでしょうか。『日本独立回復』は,日本民族の悲願!http://cocologsatoko.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-3371.html(当時この発言をされた、飯山一郎氏 は、2018年7月20日未明に永眠されたとのことです。ご冥福をお祈りします) 安倍晋三氏の命式から、その可能性を探ってみま...

Post image

太乙神数*皇極経世*奇門遁甲 起点は甲戌世の甲子年甲子月

          太乙神数とは  「太乙神数」という方術は、「奇門遁甲」「六壬神課」とならんで「三式」と言われるように、かなり古い時代からある術数として、名称だけは知られてきました。  現在、運命学で言う正月、つまり一年の始まりは立春が用いられていますが、古代のある時期には、冬至が一年の始まりであったと考えられています。 「太乙神数」や「奇門遁甲」において、一年の区切りや陰陽の区切りを冬至で取っ...

Post image

「例え話」の落とし穴 マイケル・サンデルの「ハーバード白熱教室」に見る『これからの「正義」の話』

2012.01.10 Tuesday 2010年ごろ、マイケル・サンデルの「ハーバード白熱教室」が大流行で、ブログ記事にも多くのコメントが入りました。ただ、多くがプロキシを使ったインチキコメントだったことが、後でわかりました。 ハーバードは、知識レベルが高いということになっていますが、この教室の討論を見ると、そうでもないことがわかります。2012.01.10 Tuesdayこの記事は、1年以上前のものですが、何故か今頃になってコメン...